« 他人の空き地の草を刈る。 | メイン | 家庭菜園 »

2005年05月31日

ジャズ、ストラビンスキー、そしてツェッペリン

先日、タワレコで安いCD&DVDを入手してきますた。CDはウェイン・ショーター(ウェザーリポートやマイルスのセッションなんかでSax吹いてた人)の『Super Nova』、ビリー・ホリディ(ジャズボーカルの女王様)のベストみたいなヤツ、と、ストラビンスキーの2枚組CD。安さに釣られて買ったら音質最悪だったけど;_;、やっぱ春の祭典はカッコイイっすネ。

そしてDVDはLed Zeppelinの『熱狂のライブ』っつーので、何と!980円。激安じゃ!!と思わず衝動買い。。。その感想は!?

……ぃゃ、実はツェッペリンを初めて映像で見たんですが、ふーん、、こんな感じだったのね。なんかこれって映画?なんだろうか、、変なイメージ映像が大杉。そして、後半ダレるんだよなあ。。寝ちゃう。だから980円だったのかな。(^^;;

でもね、ひとつ勉強になった事があった。『ノー・クォーター』のレスリーかましたローズとか、『レイン・ソング』のメロトロン、あれってベースのジョン・ポール・ジョーンズが弾いてたんだ。知らなかった。。<ファンの人が聞いたら「んなの常識じゃん!?」って世界なんだろうな。。(汗) あとボンゾはいい人そうだった、なんか。今さらながらご冥福をお祈りいたします。。

いや、でも一番はジミー・ペイジのギターかな。ほんと景色があって、好きだなあ。なんかね、行った事ないけどスコットランドの北の方の草原にぽつーんと突っ立ってる自分が見えて来たりとかね、ビジュアルにすごく訴えるんですよね。

技巧的にうまい人、この辺のアレだと例えばイングヴェイとか、リッチーとか、スティーブヴァイとか。。『おおお!!』って感じなんだろうが、死ぬほど練習すれば彼等レベルの事は出来そうだもんね(まあでもおれはギタリストでもないし、練習キライだから出来ないとは思うけど。。)。でもジミーペイジにはなんぼ必死に練習しても絶対になれない気がするもんね。

投稿者 gon : 2005年05月31日 21:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sitegp.com/blog/mt-tb.cgi/13