« 家庭菜園 | メイン | シェフのおすすめサラダ? »

2005年06月07日

インターネット

このサイトが置かれているレンタルサーバでも、mysqlのサポートが開始されました。昔、インターネットを知って、ホームページを作りたい、、と思ったのはもう約10年前なんだけど、その頃はただただHTMLでガシガシ<table>タグ使ってレイアウト組んで、位置の補正は透明gif、文字デザインは<font>タグ、、、という、まさに夜明けの時代でした。そして今やどうですか?

CSS、JavaScriptなどのクライアントサイドの技術はもとより、サーバーサイドの技術…そう、mysqlやらpostgresやらのデータベース、perlなどのCGI、php、ASP.NETなどのサーバサイドスクリプトなんていうものもフツーに扱わなきゃアカンようになってきました。まあ簡単に済まそうと思ったらレンタル掲示板やブログ、ショッピングサイトなんかもレンタルのシステムで全然作れちゃうんだけど…仕事でサイト制作するときにその辺のとか使うってのもアレですしね(^^;; つーか細かいニーズにあわせらんないんだよね、吊しのだと。

でも幸いにして、かつて音楽活動の傍ら(^^;;)昔CADの仕事をやってた時UNIXで動いてるワークステーションで仕事してた経験もあったりして、ファイル構成やパーミッション、シェルコマンドなんかはなんとなく覚えたのでそれなりに役に立ってます。逆にその辺のプログラマチックな知識とか経験がなくデザイン(おもに『紙』)からwebの世界に入ったヒトは大分苦労してるんだろうな、、と思います。まあ都会の会社なんかだと分業・分業でデザイナーは別にそんな方面の知識もいらないだろうし、逆にプログラマはデザイン方面の知識も必要ないだろうし問題はないんだろうけど。。んでもいずれにせよ複雑になったのは事実。ゲームでいうと任天堂ファミリーコンピュータ的世界が10年前だとしたら、今はプレステくらいになってるんだろうか。で、まだPS-Xまではいってないという世界なんじゃないかな。

この先どんどんインフラも整いまくって、プラットフォームもすげー超高性能なのになってしまったら、その時おれたち作り手はどんなものを作って行けば良いか? 今、マジメに考えなきゃいけない問題だと思います。別に技術に迎合するとかじゃなくて、本当に面白いコンテンツとは何か?って事なのかも知れないですね。。

投稿者 gon : 2005年06月07日 22:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sitegp.com/blog/mt-tb.cgi/15