« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

2006年03月14日

続・ヴィンテージ機材の危機!?−電安法(PSE法)とは?

例のPSE法ですが、今日のニュースによると、ヴィンテージ機材に限り「例外」とし、容認する方向になった模様です。ソースはこちらですが、ちょこっと引用させてもらいます。

新たに、ビンテージ物の機器に限り、申請を受けて審査を行った上で例外と認定し、PSEマークなしでも販売できる「特別認証制度」を設けた。
 対象は、電子楽器、音響機器と、写真焼き付け機、写真引き延ばし機、写真引き延ばし用ランプハウス、映写機で、(1)既に生産が終了しており、他の電気用品で代替不可能で希少価値が高いと認められる、(2)旧法(電気用品取締法)に基づく表示などがある、(3)取り扱いに慣れた人に対して国内で販売する——という条件にあてはまると認定された場合。例外申請の方法や審査基準の詳細については今後詰めるとしている。

…なるほどね。こりゃ署名した価値があったかな。行政でも考えてみてくれたみたいですね。。。なんて思ってたんだが、よく読んでみると、、、なんか変じゃないか?これ。
じゃあ何かい?例えばプロフェット5はOKで、JUNO-106はNGとかっていうのもアリですか? アナログシンセに使い慣れたオッサンには販売するけど、アナログシンセに興味がある、DTMしかやった事がないワカモノには売らない、、とか、そーゆ事なのか?何でだよ?
まあ、こんな所であーだこーだ吠えてもしょうがないのですが、是非とも電子楽器は無条件に特例にしていただきたいとおもいます。もしこんな法律が施行されてしまった日には−−仮におれが今18.9頃の若者だったら、音楽の道には行かなかったかもしれません。
若いヤツらの夢を奪うな、と言いたい。

前の記事はこちらです。

投稿者 gon : 21:09 | トラックバック

2006年03月13日

北の国から?’06・春/ウニ、バッケ、白鳥…

なんだか意味不明なタイトルながら、本来のGP通信的なネタをお送りします。

まだ3月だというのに、三陸・宮古で「ウニの口開け」が始まった…との情報。残雪をたたえたR106・区界峠を越え、初入荷の生ウニをゲットする”だけのために”宮古へ向かうおれたち。渓流釣りが解禁になった閉伊川には釣り人の姿も。雪解け水で水量は多そうだが、景色はすっかり春でした。

無事、魚菜市場にて生ウニをゲット!(1,980円。そのほかマダラの刺身なんかもゲット)発泡に入れてもらい、あとはそのまま内陸へとんぼ返り(笑)夜、実家にて、生ウニVS日本酒とシャレ込んでみました<オッサンくさ!。いやあ、、やっぱしとれたてはウマイっす!!ウマすぎて感動しました。宮古から帰る途中で交通事故なんかで死んだりしたら絶対、化けて出ちゃうだろうなあ、とつくづく交通安全の大切さを再認識してしまった程。※そして肝心なウニの写真がない事にいまさらながら気づきました。orz...

  

そして明くる日、実家の裏の田んぼの脇にて「ふきのとう」をゲット。このへんじゃ「バッケ」と言います。犬(茶色=モモコ&白=マルコ、共にラブラドール♀)を離しながら、雪解け直後のぬかるんだ農道に芽吹いた「バッケ」を採る。鎌で刈り取ると何ともいいにおいがするんだ。

バッケはその晩、湯がいて酢味噌なんかと和えて「バッケミソ」にして食いました。これまた、うまかった。。春の風物詩。今度バッケ採ったらちょっと考えているレシピがあるので試してみて、うまかったらここに発表しようと思ってます。

なんかね、やっと春が来たんだな。。やっぱり春が来るのはいいもんですな。って思いました。ことしの冬はキビシかったからね。雪かきシンドかったし、バルコニーこわれるし。。

北上川に飛来してた白鳥たちも、そろそろ北に帰るらしくウチのちかくの田んぼにあつまって腹ごしらえしてました。不思議な事にこの時期になるといつもこの田んぼに必ず白鳥が集まります。
たらふくエサを食ったら、気をつけて帰るんだぞ、白鳥。
そしてあばよ、冬。。

と!チョウシこいて思ってたら今日は真冬日!
おまけに吹雪。甘かった。。岩手の冬はやっぱし強敵だ!OTZ..

投稿者 gon : 19:47 | コメント (1) | トラックバック