2007年01月10日

チキンライスもどき

またもや、ありあわせでうまいもの作っちゃったよ!貧乏は発明の母ですw

材料(やや2人分)
作り方
  1. フライパンを火にかけてあっためる
  2. ↑にサラダ油を入れ、にんにくを入れる
  3. にんにくがいいかんじになったら鶏卵を入れて、すぐさまメシを入れる。
  4. まぜる。そしてベーコンを入れる。鶏ガラスープも入れる。
  5. 混ざってきたら、フライパンの底に空きスペースを作ってそこにごま油を入れ、加熱
  6. そこに「ありあわせの野菜」を入れて、ちょい炒める
  7. 全体を混ぜる。
  8. 混ざって、火が通ってきた感じがしたら、上記の調味料を駆使し、自分の好きな味になるようにバランスよく投入。
  9. 完成!

さらにドライパセリを振りかけて食ったが、けっこういい感じでしたよ!
またもや「ダイナマイトソース」が登場しましたが、ホントこれは便利です。オールマイティなソース。ラッキー本店さんありがとうだ。

投稿者 gon : 02:29 | トラックバック

2006年12月31日

生姜焼き風?あり合わせ鍋

大晦日ですな。みなさまいかがお過ごしですか?
実家で年越しする予定なので、ちょっと冷蔵庫の中を整理するついでに、あり合わせの材料で鍋作ったのでご紹介します。いつものごとくテキトーなんだが、かなりクオリティ高!ぜひやってみそ。

材料
調味料など
作り方
  1. 水に昆布+ネギの青い所+根しょうがを入れてダシをとっておく(A)。材料もテキトーにカットしておく
  2. (A)を火にかけて、沸騰するまえに昆布をとりだし、鶏ガラスープ・酒・醤油・塩・ナンプラー、そして決め手の「ダイナマイトソース」をバランスを見ながら入れる。これで味を完全に決めるので、納得のいくまで試行錯誤。
  3. いい感じにまとまったら、ごま油と再度ダイナマイトソースで最終調整。
  4. いいあんばいになったら、具材をいれて煮込む。
  5. 完成。ウマー

なんかこうやって書くとそれほどうまそうじゃないんだが、今までつくった鍋の中でも上位にランクインするクオリティでしたよ。
ちなみにダイナマイトソースは盛岡の飲み屋「ラッキー本店」と、地元の醸造品メーカー・宮田醤油店さんのコラボ商品みたいです。網張温泉の売店でうってますので、興味のある方はぜひ買ってみて下さい(別に回し者でもアフェリエイトでもないですがw)。

投稿者 gon : 02:25 | トラックバック

2006年11月29日

石狩鍋(男の料理!バージョン)

今、北海道に関係するコンテンツ制作をやってて、なんか北海道がアタマの中を支配している。そんなとき、ふと思った。「石狩鍋食いてーな」

材料
作り方
  1. 鍋に上記材料を適当に切って入れる。ネギと豆腐はあとで。
  2. 水を入れて、昆布もいれて、火にかける。
  3. 沸騰したらアクが出るのでとる。火を弱くする。しょうがを入れる。
  4. 大根がやっこくなってきたら、調味料を使って味をつける(味噌とバターははまだ入れない)。
  5. いい感じになってきたらとうふ、ねぎを入れる。
  6. ひと煮立ちしたら豆腐、ネギ、味噌、バターをいれてもうひと煮立ち。
  7. 出来上がり!お好みで納豆とかキムチを入れて食います。

汁があまったらラーメン入れて食ってもおk!

・・・さっきラーメン入れて食ってみた。うまいんだけど、、なんかたりねえ。
にんにくとか足した方がうまいかも。

投稿者 gon : 22:49 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月19日

トムヤムクン(みたいなすっぱいスープ)

カミさんが5日間ほど仕事で出張に出かけてました。魚介アレルギーの彼女が不在の時にシーフードでも食っておこうか、というわけで作ってみました。※あ、写真撮らなかった。。

題して『トムヤムクンみたいなすっぱいスープ』。エビ以外の具材は基本的に冷蔵庫の有り合わせとかでおkです。

■材料(例によってテキトーにかきます) 2人分くらいかな?

■スパイス(分量はテキトーな目安です。味見しつつ加減して下さい)

■作り方

今度、エビ・カニ缶じゃなくて鶏肉つかったバージョンも作ってみようと思います。

投稿者 gon : 21:26 | トラックバック

2005年06月12日

シェフのおすすめサラダ?

冷蔵庫の中漁ってなんかテキトーに作ったサラダなんだけど、、これがね、うまかったんですな。レシピ残しちゃうかな??

【材料】おおよそ2人分

とうふ:半丁(種類は多分絹ごしがいいかな)
グリーンアスパラ(国産に限る!):2、3本くらい
スナップエンドウ(国産に限る!);5本くらい
ベーコン:うまい!と思うくらい<出た(^^;;
鶏卵:普通の固さにゆでたヤツを1個
大根:ベーコンとのバランスを鑑み適宜<さらに意味不明。。
調味料A>しょうゆ、酢、日本酒:ちょっとすっぱいぞ!くらいの配合で!
調味料B>味噌、マヨネーズ:これは好みだなあ。。適当で!
調味料C>かつおぶし。これも好みですじゃ。。

【作り方のおおまかな手順】

  • [下ごしらえ]
    1. 豆腐は一口大に切っとく。
    2. GAとスナップエンドーは1分弱塩水で下茹して冷水でキリっとシメとく。
    3. ゆで卵はスライスしとく。
    4. 大根は千切りしておく。
    5. ベーコンも細かくカットしておく。
  • [手順]
    1. 下ごしらえしておいたとうふ、GAを写真のように格好良く(?)皿にもりつけて、さらにスライスしておいたゆで卵をのっけておきます。注※皿の中央にスペースを残しておいて下さい。
    2. フライパンでベーコンを炒めます。ここでポイント!!『火力は弱めで具材を焦さないようにじっくり』やって下さい。中華料理みたいに強火でやっちゃダメだよ!
    3. ベーコンから油が抽出されて来だしたら、そこに千切りしておいたダイコンと調味料Aを投入しさらに炒めます。なんとなくいいにおいがしてきたら(?)鍋を火からはずし(というか火をとめて?ですか)さっき盛り付けた皿の中央部にフライパンの中身を全部入れちゃいます!!yじゅわーーーーー!!!!ってなるよ。
    4. その上にスナップエンドーのっけます。まあ順番はテキトーでいいと思いますが。。
    5. その上に、調味料Bをカッコよくトッピングして、出来上がり!!!!
    6. 食べる時にお好みで調味料Cをふりかけて食って下さい。
  • とうふとマヨネーズのミスマッチ感が青物で中和されて、そして動物脂肪のうまみ。。。。なんとも微妙なハーモニーを醸してます。おつまみにオススメ!!

※大根をベーコンで炒める箇所がありますが、友人でイラストレーターのアリちゃんのアイデアから使わせていただきました。感謝!

投稿者 gon : 03:06 | コメント (6) | トラックバック

2005年05月18日

ごんヤ・チャンプルー!?

こんなん作ってみたのでアップしてみました。今くってるがうまいよ。まいうー。

■材料(2〜4人分?)

  • ゴーヤ…1本
  • とーふ(かためのヤツ)…1丁
  • ぶた肉(安いヤツで可)…食いたいくらい
  • 鶏卵…2個程度
  • 調味料
    • サラダ油…鍋がこげない程度?
    • ごま油…さりげなく
    • 塩…少ないとゴーヤが苦くなるし、多すぎると健康に悪い
    • ターメリック…え!?何で?とお思いでしょうが、、これがね、んまいんだぜ
    • 醤油…ほんの気持ち
  • かつおぶし…気の済むまで。

■(オレ流な)作り方

  1. ゴーヤは、まず長手方向に半分にカット。わたをスプーンでゴシゴシとっちまう。もったいがらずにキレイにとろう!
    キレイにとれたら粗塩でごしごししごきます。<やんなくてもいいけどチョー苦いよ!塩水につけると苦みがマシになるらしいが、それはおれ的には邪道。
    で、あとはテキトーな幅(3ミリくらいか?)にスライスしてくださいませ。
  2. とうふはテキトーにカットします。おれは岩豆腐って特別かったいヤツ使いますが、炒めるのでカタイやつがオススメだ。まちがっても『絹ごし豆腐』はつかわないように。ボロボロになるぞ!
  3. 卵は殻を割って常温にもどしといて、肉はテキトーにアレしときます<意味不明
  4. さ、調理開始です。フライパンをガッツリ熱して、サラダ油を注入し全体になじませよう。
  5. 油がオッケーになったら、とりあえず肉かな?肉炒めましょう肉。
  6. あらかた火が通ったら次はとうふだな。水分をしっかりトバしましょう。水分がトンだあたりをみはからって秘伝・ターメリックを振りかけます。#いや、なかったら別にいいけど。。(^^;;
  7. つぎにゴーヤー投入!!全体をなじませるように、どつきまわしま...じゃなくて、炒め廻します。
  8. そろそろ味付けしてみっか。。ごま油、きとーに、いいにおいだなあ〜〜って思うくらい入れます<すみません、アバウトで。そして塩。やっぱ沖縄の天然塩がいいよね!『シママース』がオススメだ。味見してみて、いいかんじの塩分だったらあとは軽く、キモチ、醤油をたらーーっていっときます。
  9. そして最後に、卵を全体にからめてすぐに火をストップ!!ここで火を通し過ぎないのはポイントかも。火を止めてから卵を入れてまぜてもいいかも。余熱で十分です。
  10. 完成ーーー!!!!あ、そうそう、皿に盛りつけたらかつおぶしをのっけるとモアベターよ。

ゴーヤの苦みとごま油の香ばしさと肉とかつおぶしのうまみ………ええ味してまっせ!!!!ビールにあうよ!

投稿者 gon : 20:12 | トラックバック

2004年11月01日

秋の味覚!いものこ汁

皆さんはいものこ汁って御存じですか?
簡単に言うと里芋を使った大鍋料理(すげー簡単杉)で、割と東北地方ではポピュラーなメニューなんです。有名なのでは山形のすげーでっかい鍋使ってアウトドアでやるヤツね。
でまあ、うちらも昨日の晩、作ってみました。あまり作ったことなかったしレシピもだれにきいたわけでもないが、テキトーに自分の舌の記憶?をたよりに夫婦でやってみました。

【GPいものこ汁ver.1.0 レシピ】
■材料
 里芋/こんにゃく/ねぎ/とーふ/豚肉/しーたけ/しめじ/産直でゲットした銀茸(うまいんだよ〜〜)/しょうゆ/さけ/みりん
■手順
・材料を切る。里芋は包丁を縦にあてがって皮をそぎおとす(ピーラーでもOKだな)
・こんにゃくだけ下茹でする。里芋も下茹でしてもいいかもしれんがおれはしない。
・鍋に水(こんぶだしとかかつおだしでもいいかもよ)とか里芋(きのこもいれてもよいかもね)いれて加熱開始。あく取りはちゃんとやる。
・ネギ以外の材料を入れちゃって、ちょっと煮込む。
・味付け。昨日のはしょうゆ4:酒2:みりん1.5 って感じのバランス。
・ネギ入れてひとにたちされて出来上がり。

■食った感想
・なんか豚汁っぽい(笑)
・銀茸を沸騰後に入れたので食感がシャキシャキしててうまかった!

■次回にむけて(?)
・ごぼう入れたらさらにうまそうだ(byぴー)
・とり肉でやってみたい。

・・・という感じのレシピでした。
そこで!皆さんからのレシピも大募集したいとおもいます!
あなたの自慢のレシピ、じゃんじゃんコメントしてください。
よろしくおながいします。

投稿者 gon : 14:37 | コメント (3) | トラックバック