2008年01月08日

広島へ行ってきました

あけましておめでとうございます!本年も夫婦共々よろしくおねがいしますね!

というわけで、年末年始はp-channelの人の方の実家方面である大阪、を通り越して彼女の母の実家方面である広島は三原へ行って参りました。

とりあえず、写真のスライドショーだけ公開します。(主に風景ですが・・・)
※親戚関係の皆様へ>写真は後ほどCD-ROMとかで郵送いたします。年賀状もまだ書いてませんがどうもすみません><

投稿者 gon : 20:10 | トラックバック

2006年10月22日

晩秋の八幡平

hachi_1.jpg

 土曜日の午後、天気が良かったので、ちょっくら八幡平へドライブしてきました。

 右の写真は八幡平アスピーテラインの上の方から見た岩手山です。ちょっと写真だとわかりづらいんだけど、麓から5合目あたりまではかなりきれいな紅葉。しかし岩手山を北側から見るととてもゴツゴツしてるなあ。。いつも南側(盛岡方面)から見てる、優しいフォルムの稜線とはまったく違います。

 しかしさすが標高が高い場所だけあってすごく寒かった。冬先取り。強い西風に紛れるように雪がちらほら舞ってました。

hachi_2.jpg

 左の写真ですが、アスピーテラインから樹海ラインへちょっと下った、八幡平・藤七温泉付近で見かけた野生のキツネです。助手席のカミさんと目が合ったそうだ。なんかとても人に慣れてて、車のドアあけたら乗ってきそうな感じだったそうだ。

 しかしキツネをこんな至近距離で見た事なかったなあ。珍しい。普通、キツネってとても警戒心が強いので遠くに人をみただけでさっと山の中へいっちゃうもんなんだけども、恐らく通行人が餌付けしちゃったりしてるんだろうか、ずいぶん人に慣れてる。野生は野生であるべきだ。よく公園でハトにエサやったりしてる人とか、白鳥にエサやってる人を見受けますが、アレは是非やめてもらいたいもんです。ペットじゃないんだっつーの。

hachi_3.jpg

 樹海ラインを下っていった、松川渓谷の紅葉。ズバリ見頃でした。あまりにも素晴らしい紅葉だったので、今日だけで160枚もデジカメ撮ってしまいましたw こいつらが散ってしまうと厳しい雪の季節になっちまうんだな。。。

 そして日も落ちて夜になり温泉に入りたくなり、またもや「網張温泉」へ%なんと3週連続!!w いやあ、、ホントにいい湯だ網張温泉。ただ残念だった事があった。お湯が熱くて水で埋める人がいますが、フロあがるときにちゃんと止めろ。せっかくの濃い温泉が台無しだろうが。。東京の銭湯だったら常連のジイサマにおこられんぞ!w

投稿者 gon : 22:00 | トラックバック

2006年10月11日

「そうだ、岩手に行こう」

blog20061011_1.jpg

 台風のような大荒れの天気から始まった3連休でしたが、皆さんはエンジョイ(死後)しました? また、仕事だった人はオツカレサンです。

 ところで我々夫婦はにわかに横浜から訪問してきた友人と昼は観光、夜は酒宴・・・という感じでエンジョイしましたよ。おれの会社の方のゴタゴタもちょっと忘れて、かなり楽しかったです。

その友人。

 海外旅行に行く予定で成田まで行ったはいいんだけども折からの荒天のため搭乗予定の便が欠航したそう。おれはそういう経験はないのでショックは計り知れないものがあるよなあ。。。
 渡航を断念せざるを得ない状況となり途方に暮れていた彼女はふと思いついた。「そうだ、岩手に行こう」と。連休初日の土曜日の昼頃電話があり「今からいっていいかな?」なんですと!!??w まあ別にこれといった予定も立ててなかったし、快諾しますた。

土曜日の夕方。

 盛岡駅に彼女を迎えに行く。その足でスーパーにて夕飯用の材料を調達。その夜はジンギスカン&彼女がお土産で持ってきた超んまいワイン(赤&白1本ずつ)でウェルカム飲み会。彼女はよっぽど当初の予定を果たせなかったことが悔しかったらしい。ガンガン飲んでましたw まあそうだよな。。

blog20061011_2.jpg
日曜日。

天候は曇時々雨って感じ。昨日のジンギスカン宴の時には「白神山地に行こう!」つってたんだけど、青森の方はかなり荒れてるらしいので予定変更(つーか前日の飲み会の影響で遠出がシンドイってのもあるんですがw)。平泉の「毛越寺」観光しました。彼女は世界遺産が好きで、世界各国の世界遺産めぐりをするのが生き甲斐らしいので、白神山地もそうなんだけど今まさに世界遺産登録申請中の平泉というわけです。
 毛越寺については、おれハッキリ言って歴史はからっきし苦手で興味もないもんでここでの説明はいたしません(つーか出来ません)がw 何ともこう、日本人ってこういった「箱庭」とか「ジオラマ」みたいのが昔っから好きなんだなあ、っていう感じを受けました。イマジネーション、妄想‥‥そんなキーワードが溢れ出る仏教の都・平泉です。
 そしてその帰り花巻の我が実家に寄って犬と戯れ、帰宅しその夜ももちろん酒宴。。。しかしおれたちは酒の神様に魅入られてるな、まったくw

そして月曜日。

 2連チャンの酒宴の影響か3にんともアンニュイムードな感じで迎えた月曜日。そんなおれらとは好対称に最終日にしてやっとのピーカンです。みんな昼頃に起床。東京からはるばるやってきた彼女は明日から仕事なので今日中には帰らなければいけない。 とりあえず昼飯にして、ぼけ〜〜。。。。そんな折、カミさんは仕事があるため休日出勤。そして2人きり取り残されたおれと彼女。。<って言っとくがヘンな展開にはならないので期待しないでくれよみんな!(爆笑)
 なんだか連日の酒宴で内蔵が疲れてるから(?)温泉にでもつかってきますか!という事で、2人で雫石の名湯「網張温泉」へ。カミさんが会社にキューブを持ってったのでSJ30type1ポンコツジムニーでいざ山登りですw しかし、どうでもいいが道路めちゃ混み。これ岩手ですか?くらい。特に小岩井農場周辺と、網張からの帰りの国道46号線。。。。こんなの初めて〜♪くらい混んでました。そしていわずもがな、網張温泉の混み具合もすごかったです。でもあそこのお湯はイイネ。いい。素晴らしい!
 そんなこんなで、帰宅に時間がめちゃくちゃかかり、盛岡駅についたときはもうすでに陽は落ちていた訳で…(北の国から風)
再度、カミさんと合流し帰りのキップをゲッツ!(こんな繁忙期なのに奇跡的にも指定席が取れた!やっぱしおれらには遊びの神様がついてんだなw) ドトールで茶しばいて再会を誓い、3日間のバケーションは終わったのでありました。。

ps. 今度は前もって連絡してから来いよ、待ってっからさ(笑) それと白神山地は1泊じゃないとこっからじゃキツいよw

投稿者 gon : 23:00 | トラックバック

2006年09月18日

今週は遠野まつりにいってきますた。

tohno002.jpg

 ・・・カッパも祭り半纏着ちゃってます。。巷は3連休なわけですが、ごらんの皆様はいかがお過ごしでしょうか?こちら岩手は秋祭りシーズン真っ只中です。ぼちぼち稲刈りも始まりますな。

 ――というわけで(?)前置きはさておいて。先週の花巻まつりに引き続き、我々夫婦は「民話のふるさと」遠野へ。「遠野まつり」を見に行ってきました。

tohno001.jpg

 市内の目抜き通りで行われた「郷土芸能パレード」で、花巻まつりでも演目にあった「しし踊り」がこちら遠野でもあったんだけど、やっぱ所変われば・・・全然違うんだな。まず名前からして違う。花巻「鹿踊り」と書くんだけども遠野の方は「獅子踊り」。英語で言うとDeerとLionくらいの差(?)でしょうか。読みは一緒なんだけどもね。

tohno003.jpg

 で、内容も花巻の方はいわゆる「太鼓踊り系」。踊り手が太鼓を叩きながら踊ります。そして遠野は「幕踊り系」というらしいんですが、踊り手は太鼓を持っていません。演奏者は別にいて、太鼓、笛、団体によっては鈴やハンドシンバル?(“てびらがね”っつーんだっけ?)なんかも使ってちょっと神楽チックな構成です。

tohno004.jpg

 装束も花巻のとは全然ちがうもので、花巻の方は本物の鹿の角をつけて踊りますが遠野のは角にあたる部分に「ヤマドリ」の羽(現地の人に確認はしませんでしたが、たぶん本物。遠野の山にはヤマドリけっこういます)をつけてます。そして、花巻まつりは人間の髪の毛みたいなものを頭にかぶっていますが、遠野の方は写真を見てもらうとわかるように、背中にボサボサの白い毛?みたいなものを背負っているんですが、一体これは何なんだろう?・・・実はこれ、ぜーんぶ「かんなくず」なんです。大工さんが木材の表面をかんなで削るじゃないですか?そんときに出る削りカスです。すげー、まつりのためにとってあるんだなあ。。

tohno000.jpg

 あとちょっと面白かったのが、獅子役の踊り手と「対」になって踊っている女の子。手には日本刀をもって、獅子と相対して闘っているような踊りをします。なんか北上の「鬼剣舞」を思わせますね。しかもそれを中高生くらいの女の子が舞います。そして、お囃子もなんとなく鬼剣舞に似ているような。。はっきりいっておれは、そういった民族伝承のルーツはどーこーという知識も、興味も実はないんだけどw なんでこういったスタイルになったのかということに関してはちょっと興味が沸きました。

tohno005.jpg

 他にも神楽や「さんさ踊り」(←これも岩手各地にあるんだよね)なんかもやってました。地元の人たちには、こういった文化・芸能をずっと大切に伝承していっていただきたいですね。

投稿者 gon : 00:50 | トラックバック

2006年09月12日

花巻まつりに逝ってキタよ!

いつもいつも「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」と日程が重なって見に行けなかった「花巻まつり」。今年は諸般の事情で定禅寺に出演しなかったので、これはいい機会だ!というわけで見に行って来ました。
いやあ、何年ぶりだろうな花巻まつりをじっくりと見に行ったのは。「じっくり」といった部分では初めてかもしれないです。

 そこで、色々写真を撮って来たので、久々の更新ということもありますので(?)独断と偏見な解説を交えながらご紹介してみます。

鹿踊パレード

鹿踊ってなに?

花巻まつりのパンフレットから引用します。

 鹿踊の期限は、奈良の春日大社の神事に由来するといわれ、村の平安を祈願し、悪霊を追い払う行事の舞踊化されたものといわれております。素朴さの中に高い風格を兼ね備えた民族舞踊として、県の無形民俗文化財に指定されております。
 県内各地で踊られる鹿踊は、踊りの様式から大別して太鼓踊り系(県南地方)と幕踊り系(県北地方)に分けられます。太鼓踊り系には囃子がなく、太鼓中心で、3m前後の長いササラを背負い、腹に太鼓を下げ、各踊り手が唄をうたい太鼓を打ち鳴らしながら踊るのが特徴となっております。

・・・宮沢賢治の童話で「鹿踊のはじまり」っての知ってます?それのモチーフになっている民族舞踊です。装束に使ってる鹿の角はホンモノだそうですよ。

多種多様な流派があります
20060909_kan1.jpg 20060909_kan2.jpg
「金津流」の団体

頭にくっつけてる白いヤツを地面にパチン!パチン!やってかっこいいです。ちょっと洗練された感じかな?

20060909_kas1.jpg 20060909_kas2.jpg
「春日流」の団体

集団の中で「リーダー」とおぼしき踊り手の動きが激しかったです。おれの地元(花巻市石鳥谷町)はだいたいこの流派らしいですね。

20060909_gyo1.jpg 20060909_gyo2.jpg
「行山流」の団体

コスチュームがなにやらプリミティブでかっこいい!山岳信仰の影響が残っているのだろうか、頭の飾りは鳥のはねみたいなものがあしらわれてます。そして背中には「南無阿弥陀仏」!神々しいです。

風流山車(ふうりゅうだし)

風流山車とは何でしょう?

これもパンフから引用しちゃいます。

 花巻まつりの呼び物は、何といっても各町内から繰り出す山車にあります。その始まりは、花巻開町の祖・北松斎公の時代にさかのぼります。当初は唐竹で大きな鯨をつくり、紙を張って鍋墨を塗り、これを車に乗せて曵き歩いたとあります。その後、いつのころからか京都の「やかた」に似たものを出すようになり、明治時代にその豪華さの絶頂に達しました。この当時の屋根は高さ15メートルもあり、下からみたとき見栄えするものとするため、格段の手法を必要とし、花、山、波、人形と仕事が分かれ、祭師によって飾付け、仕上げられたのでした。この山車の前を「底抜け」と呼ばれるj舞台形式のものが先行し、囃子がこれにつき、大勢の人夫にかつがれた屋形がゆったりと練り歩いたといわれております。
 屋形様式の山車も、大正の末期になり、町に電線が張られるようになってからは現在のかたちの風流山車に移行してきました。その風流山車の組み方は、活け花(生花)を基本としており、岩山の上部に桜の花を芯として人形と四季の花を飾付け、その下の周りには波(重ね波という)をつける順で、祭師によって飾付け、仕上げられるものであります。古来、花巻の祭師は格段の技能を有していたといわれ、殆ど活花の心得があって教示していたといい伝えられております。
「雅」ってのはこーゆー風情をいうんだな

 やっぱし目玉はこれです。なんともいえない、アンニュイというか、1/fゆらぎというか、ゆったりとした笛+三味線+太鼓のお囃子とともに繰り出す「山車」は、まさに”雅”な感じです。

20060909_das1.jpg 20060909_das2.jpg 20060909_das3.jpg

ビデオも撮影してきたので、そのうち動画もアップしたいと思います。そのうち。。<いつになるんだかw

投稿者 gon : 00:50 | トラックバック

2006年04月24日

GPが見た岩手の鳥獣:ヤマドリ

  

この鳥は『ヤマドリ』。性別=オス。主に山に生息している鳥で、狩猟鳥(=狩猟で捕獲可能な鳥)。体長は20-30cmくらいと思いました(=胴長。尾っぽまでだともっと長いです)。

この前の日曜日(4/23)、遠野・大出地区の林道で偶然に遭遇。夫婦2人で車で走っていたら、進行方向の左側の山側の路肩にいて、進行方向右側にある沢に向かおうという体勢でした。尾っぽが長く、顔はキジみたいに赤い。愛らしく、のどかで、どことなく和風なフォルムをもった鳥です。
やっぱし岩手の中でも遠野の自然は豊かです。ちなみにこのあと、同遠野地内(細かく言うと旧・宮守村、国道283沿いの牧草地で)天然記念物『カモシカ』も見ました(写真は撮ったんだけど写りがイマイチだったので割愛^.^;) 

投稿者 gon : 22:07 | トラックバック

2006年03月13日

北の国から?’06・春/ウニ、バッケ、白鳥…

なんだか意味不明なタイトルながら、本来のGP通信的なネタをお送りします。

まだ3月だというのに、三陸・宮古で「ウニの口開け」が始まった…との情報。残雪をたたえたR106・区界峠を越え、初入荷の生ウニをゲットする”だけのために”宮古へ向かうおれたち。渓流釣りが解禁になった閉伊川には釣り人の姿も。雪解け水で水量は多そうだが、景色はすっかり春でした。

無事、魚菜市場にて生ウニをゲット!(1,980円。そのほかマダラの刺身なんかもゲット)発泡に入れてもらい、あとはそのまま内陸へとんぼ返り(笑)夜、実家にて、生ウニVS日本酒とシャレ込んでみました<オッサンくさ!。いやあ、、やっぱしとれたてはウマイっす!!ウマすぎて感動しました。宮古から帰る途中で交通事故なんかで死んだりしたら絶対、化けて出ちゃうだろうなあ、とつくづく交通安全の大切さを再認識してしまった程。※そして肝心なウニの写真がない事にいまさらながら気づきました。orz...

  

そして明くる日、実家の裏の田んぼの脇にて「ふきのとう」をゲット。このへんじゃ「バッケ」と言います。犬(茶色=モモコ&白=マルコ、共にラブラドール♀)を離しながら、雪解け直後のぬかるんだ農道に芽吹いた「バッケ」を採る。鎌で刈り取ると何ともいいにおいがするんだ。

バッケはその晩、湯がいて酢味噌なんかと和えて「バッケミソ」にして食いました。これまた、うまかった。。春の風物詩。今度バッケ採ったらちょっと考えているレシピがあるので試してみて、うまかったらここに発表しようと思ってます。

なんかね、やっと春が来たんだな。。やっぱり春が来るのはいいもんですな。って思いました。ことしの冬はキビシかったからね。雪かきシンドかったし、バルコニーこわれるし。。

北上川に飛来してた白鳥たちも、そろそろ北に帰るらしくウチのちかくの田んぼにあつまって腹ごしらえしてました。不思議な事にこの時期になるといつもこの田んぼに必ず白鳥が集まります。
たらふくエサを食ったら、気をつけて帰るんだぞ、白鳥。
そしてあばよ、冬。。

と!チョウシこいて思ってたら今日は真冬日!
おまけに吹雪。甘かった。。岩手の冬はやっぱし強敵だ!OTZ..

投稿者 gon : 19:47 | コメント (1) | トラックバック

2006年02月10日

雪害

毎晩除雪です。腰が痛いです。マジで今年の雪はハンパじゃないです。おかげでウチ(借家)のバルコニーがこんなんなっちまいました。。不動産やさんに連絡済みですが、一刻も早く何とかしてもらいたいです。

今年の岩手では、こんな状態になっている家って結構あるかもしれません。知り合いでもカーポートの屋根がつぶれて車が板金屋送りになったり、ウチと同じようにバルコニーがツブれ、さらにはバルコニーに面した茶の間の窓ガラスも割れちゃったっていう人もいます。ウチはまだ借家なので大家さんに何とかしてもらう、で済んじゃいますが、、持ち家の人は大変です。保険とか使えればいいんだろうがね。

しかしもうウンザリです、雪。早く春になってホスイ。

■2月12日追記:
昨日(土曜日)、不動産屋さんが来て無事解体作業が行われました。
写真は残骸の一部。春になったら新しいバルコニーを付けてくれるとか言ってました。ラッキー!

投稿者 gon : 21:57 | トラックバック

2005年10月18日

プラネタリウム

homestar.gif

 もし、家を建てるとしたら絶対に「天窓」をつけたい。なぜか?それはもちろん、天窓のある部屋で星を見ながら寝たい‥‥からです。なーんてロマンチックな(?)オレたち夫婦は先日おもちゃ屋にてこんなものを購入しました。

 「HOME STAR」というプラネタリウムなんですけど、寝室の天井に投影して楽しんでます。天の川のひとつぶひとつぶまでバッチリ投影されます。いやあ、すごいです。Made in Japanスゴイ。天井に投影するとどうしても天井から吊るしてある照明がジャマだったので、照明まではずしちゃう始末。。

 岩手に住んでいて、わりと奇麗な星空をながめられるチャンスに恵まれているおれたちでも結構気に入ったので、これ都会に住んでいる人には絶対オススメ。特に田舎から上京してアパートなんかに一人暮らししてるひとなんかにはかなりオススメです。

投稿者 gon : 21:44 | トラックバック

2005年08月06日

昔、おれがまだ確か小学生くらいのの頃「炎の犬」だったか…「黄金の犬」だったか……そんなタイトルのTVドラマがあったのを思い出した一枚です。
※どんな内容のドラマだったかは失念%情報キボンヌ

撮 影:ぴろみ
モデル:まるこ(ラブラドール♀5歳)
ロケ地:石鳥谷町実家付近

投稿者 gon : 19:05 | トラックバック

2005年07月25日

GPWORKSの2005夏写真集(?)

なんか特にネタもないので、最近おれたちがデジカメで撮影した写真集でも掲載してみます。

てんとうむし(P)

梅雨晴れ(P)

桃源郷(P)

夏休みの宿題(G)

商売上手(P)

無我の境地(G)

何を望む?(G)

Photography by:
(P) as PIROMI
(G) as GON
----------------
(c)sitegp.com

投稿者 gon : 23:57 | トラックバック

2005年06月28日

デジカメ、ゲッツ!

デジカメ買った!機種はコレ
しかし今のデジカメは性能いいッス!!感動した。これで一眼レフとかだったらもっといいだろうなー。。

モモコ(ラブ♀)

マクロも撮れる!スバラシイ!

まるこ(ラブ♀)

ちなみにコレはストロボ撮影です。
左からうちの家庭菜園(?)のバジル、コリアンダー、イタリアンパセリ。
#なんか雨降ったら急にコリアンダーがデカクなりました。雨待ってたんだな。

投稿者 gon : 22:38 | コメント (5) | トラックバック

2005年06月15日

ハンギングバスケット

南側1階のベランダにこんなもんをやってみた。かっこいいプランターでしょ!?んでもちょっとカントリーチックかな。。丸いヤツの方の金具がかっこいいんだよね。つーか 借家の柱にステーをビス止めしていいものかどうかアレでしたけどね(^^;;

ちなみにうつってないけども、足もとには朝顔の種をまいたプランターが3個ならんでます。芽が出たら撮影してアップしてみようと思ってます。朝寝坊に負けず、がんばって水やりしましょうね>うちら2人とも

↓は引きで撮った写真。
この写真全然補正してないんですけども、なんかマゼンタがつよいなあ。。そう、これが借家の柱にビス止めしてしまった図ですw

投稿者 gon : 23:32 | トラックバック

2005年06月04日

家庭菜園

実家に行って来た。おふくろがビニールハウスで育苗してたハーブが裏の畑に移植されてました。イイカンジに育ってたので写真とってきました。↓

これはバジル。
株間が近すぎるかも?

これはタイム。
岩手の厳しい冬も越しちゃう。

バジルのアップ。
しっかりした株だ。

タイムのアップ。
すくすく育ってくれよ。

投稿者 gon : 20:22 | コメント (1) | トラックバック

2005年05月29日

他人の空き地の草を刈る。

これ、おれたちん家の隣の空き地なんですが、今日実家のオヤジに応援を要請し、おれと2人で草刈りしました。ちなみにここの土地はおれたちの持ちものじゃないし、借りている家の庭でもないし、、、無許可?でもうここ3年ほどずーっとおれたちが草を刈ってます。

ホント、だれの持ち物かはワカランのですが、全然管理してないんだよな。たまになんか若いヘンなドキュソ車が駐車してますけど、、どう考えてもヤツの土地ではないと思う<勝手に止めてるっぽいから。

いらねーんだったらオレたちにクレこの土地! 畑にする。(笑)

投稿者 gon : 15:13 | トラックバック

2005年05月10日

記念樹[ヤエザクラ]

PIC_0054.JPG

 この桜は、おれたち夫婦が結婚した年(2000年)に、実家の庭の花壇に植えた八重桜でございます。今日、たまたま用事で実家にいったら花が咲いてたのでケータイで撮影してきました。(夕方だったのでかなりうつりワリイです、スマソ)
 花壇に植えたから栄養がいいせいか、成長が早い希ガス。。

投稿者 gon : 22:20 | コメント (2) | トラックバック